骨再生治療 PRP(多血小板血漿)を用いた再生方法

インプラントにするには骨量が足りない方、歯槽膿漏で歯がぐらついてきた方は、いままで顎の骨が足りないと、人工歯根を埋め込むことができませんでしたが、骨移植や再生医療によって顎の骨を再生させることで、インプラント治療が可能となりました。

現在最も安全性の高い再生医療

インプラント治療において骨の幅や量が少ない場合、骨を増やす処置が必要になります。一般的に移植材を少ない部位に置くわけですが、一番良いとされるのが自分の骨です。さらにPRPを混ぜる事により再生は促進されます。


骨再生治療 メニュー
骨再生治療 PRPとは
骨再生治療方法 
※ご注意 このページには
手術の写真があります。


PRP(多血小板血漿)とは

PRP(platelet Rich Plasma)とは血液中の血小板を濃縮した血漿のことで、創傷治癒・骨の造成を促進する作用があります。

採取は、患者様ご自身から採取した血液を遠心分離機にかけることにより血小板が多い血漿(PRP)と血小板が少ない血漿(PPP)に分離することにより簡単にできます。そしてPRPに自家骨を混ぜて、骨幅・骨量の少ない部位、上顎洞挙上部位に補填することで骨の造成をより安全、確実に行うことができます。

骨造成後、もしくは骨造成と同時にインプラントの植立を行うことで、より機能的・審美的なインプラント治療ができるのです。またPRPを併用することにより術後の疼痛・腫脹を最小限にし、早期の治癒が期待できます。ご自身の血液成分から分離されるものなので、アレルギー等の拒絶反応もなく非常に安全です。

PRPはインプラント手術時だけでなく、抜歯・歯周外科手術後の疼痛・腫脹の軽減、治癒促進にも非常に効果があります。





※ご注意 次のページに手術の写真があります。
>> 次のページ