摂食障害・嚥下障害の方の機能訓練 --高齢者・障害者の方への口腔機能訓練--

高齢者・障害者の方への口腔機能訓練

摂食障害・嚥下障害のある方へ(間接的)機能訓練を行っています。
まず、問診・診察を介護の職員、家族の方同伴で行い、スクリーニングテストします。かかりつけ主治医と相談の上、訓練メニューを決めて、1〜3ヶ月程度の次の様な訓練を開始します。




 ●頭部〜側頭筋や咬筋のマッサージ
 ●口腔周囲筋のマッサージ
 ●のどのアイスマッサージ

以上等を行い、嚥下反射をひき起こし、筋力効果を期待します。訓練後、スクリーニングの再評価をし、改善の有無(良・不良)、さらに訓練が必要なのか、不要なのかを判断致します。


関連治療リンク

>> 訪問診療に関してはこちらへ 



■ 往診治療のご案内


往診が可能です。診療施設の半径16km以内の地域の方で、歯科の往診治療を希望される方は、ご相談下さい。往診(在宅)で設備的に行えない医療行為がございますが、歯科医師による診断を行い、治療方針を計画いたします。