従来の治療法とインプラント治療の違い
歯を1本失った場合

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジは両隣の歯を削り治療します。インプラント治療の場合は失った部分にインプラント(人工歯根)を埋入するので他の歯を傷つけません。
インプラント治療では、治療後の見た目も自然で違和感もほとんどありません。


歯を何本か失った場合

部分入れ歯とインプラントの比較

部分入れ歯を用いた治療は、入れ歯を安定させるための金属の止め具による違和感があり固い物も安心して食べられないことがあります。
インプラント治療はそのような違和感もほとんど無く固い物も安心して食べられます。

 
全ての歯を失った場合

総入れ歯とインプラントの比較

総入れ歯の場合の不安定さや、食べ物がすき間に入ったときの歯の痛みがインプラント治療の場合、ほとんどありません。
また取り外す必要もなくお手入れも健康な歯と同様、歯みがきと定期検診で補えます。

入れ歯の不安定さや、歯が無いことからあごの骨が痩せて入れ歯が合わなくならないよう、入れ歯の支えにインプラント(人工歯根)を使うことにより入れ歯の不安定さを回避し、安定感を保ちます。