インプラントの治療の流れ 
カウンセリング

まずはお口の悩み、心配事、などをお聞きしインプラント治療を理解していただくためのカウンセリングを行います。インプラント治療には手術が含まれますので、患者様の持病の有無などもお伺いいたします。
心配事、インプラントの質問などお気軽にどんなことでもご相談下さい。

診査と診断

次にお口の中の状態、あごの骨の状態、むし歯の有無などをレントゲン検査やいろいろな方法で診査、診断します。ここでインプラント治療に必要な費用、期間、治療計画などを説明します。同意をいただくまでは、インプラントの治療を行いませんのでご安心下さい。

インプラント手術・治癒期間・装着

患者様の同意を得て、はじめて治療を開始します。まずは診断に基づきインプラントをあごの骨に埋める手術となります。

インプラント治療第1段階

歯ぐきを開き、あごの骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。しっかり固定するようにインプラントを入れ、歯ぐきを閉じます。この時、インプラントの頭の部分を一部歯ぐきの上に出しておく1回法と、インプラントを完全に歯ぐきの中に埋めてしまう2回法の2つの方法があります。

医療法人 恵祐会では、骨の状態や手術の方法によって、より最適な方法を選択しています。

インプラント治療第2段階

インプラントと骨がしっかり結合するまで、しばらく待ちます。治癒期間は6週間から4ヶ月(骨の状態によって変わります)この期間も日常生活にできるだけ支障がないよう、お口の中に仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。

インプラント治療第3段階

治癒期間を経て、インプラントが骨と結合したら、型をとり、インプラントの上の人工歯を製作し、口の中に装着します。


定期検診

治療完了後は定期検診が必要となります。
お口の中は状況によって変化します。インプラントは人工物ですので歯の摩耗に合わせた調整や歯ぐきの状態のチェックを行います。インプラントを長持ちさせるため、必ず定期検診はお受け下さい。