総合病院との連携による難症例への対応
 
難しい症例でもインプラント治療を可能にする技術力
 
インプラント治療を希望されても、骨が不足していてそのままではインプラントを埋めることができない場合があります。医療法人 恵祐会では、新小文字病院福岡和白病院新行橋病院福岡新水巻病院 などとの連携により、入院・全身麻酔の必要な方や骨不足により骨移植が必要な患者さんの治療に対しても対応が可能であり、最高水準の安全な手術を実施しております。

1.
右の上顎にもインプラント治療を希望された患者様ですがインプラントを埋めるための骨が不足しています。(レントゲン画像)



2.
CTを基に治療計画をたてます。

CT画像


3.
手術風景です。
麻酔専門医による全身麻酔下に腸骨(腰の骨)より骨移植を行いました。

4.
術後のCT画像です。
骨移植によりインプラントが可能となる充分な骨ができました。

5.
インプラント治療
右上顎にインプラント4本を埋め込み固定性の歯を装着することができました。