口腔外科治療は歯だけでなくお口の中の疾患を治療します。

口腔外科治療とは

歯科口腔外科があつかうのはどんな疾患なのでしょうか。
皆さん、鏡で口の中をみてください。口の中には歯だけではなく、歯肉、口蓋(うらあご)、頬粘膜、口底、舌などがあります。
舌を改めてみてみると、ぶつぶつがあったり、白かったり悪いものができていないか心配になりませんか。このような場所に、できものができたり、腫れたり、痛みや違和感がある時には歯科口腔外科の受診を考えてください。
  次に、よく相談される症状などを紹介します。

よく相談される口腔外科治療

  • 親知らずの化膿による痛み、顔の腫れや開口障害
  • 難しい親知らずの抜歯依頼
  • 顎関節症(開口障害、顎がずれたような感じ、顎関節やその周囲の痛み)
  • 虫歯や歯周病が原因のひどい顔の腫れや痛み
  • 舌のできもの(繊維腫、乳頭腫など)
  • 口唇のできもの(粘膜嚢胞、ヘルペスなど)
  • 舌の違和感や痛み
  • 口が渇いて痛い。(口腔乾燥症)
  • 味がしない。
  • 歯牙の外傷(歯がかけた、折れた、抜けた)、顎骨の骨折(交通事故やけんか)
  • 口唇、舌の怪我(特に小児)
  • 抗凝固剤(血が止まりにくくなる)内服中の方の抜歯依頼
  • いろいろな全身疾患をもたれている方の歯科治療(特に抜歯)依頼
  • 悪いものではないか心配なので見てほしい。(口蓋や下顎にある骨の隆起、舌乳頭など)
歯科口腔外科では口腔を全身の一部として捉え治療していることがおわかりになると思います。安心して御利用、御相談ください。




レーザーによるヘルペス治療


骨再生手術治療