歯を削らずに美しい歯並びにする矯正歯科治療
上の前歯が出ている場合 その1

成長期においては、歯を抜くより先に上顎の後退と下顎の成長促進を図って治療します。成長の盛んな9〜14歳の間にヘッドギアとマウスピースを併用すると噛み合わせが改善できます。


上の前歯が出ている場合 その2

上顎の歯列が前方狭窄していると前歯は前突して下顎が後退します。そこで、上顎歯列を側方拡大して形態を整えると噛み合わせが改善できます。