歯を削らずに美しい歯並びにする矯正歯科治療
反対咬合の場合 その1

成長期においては前歯部被蓋を改善して成長観察します。裏側からバネを使って上顎前歯を唇側に移動したり、チンキャップで下顎を後退させたりします。


反対咬合の場合 その2

成人になってからでも治療できます。上顎歯列を前後や側方に拡大して叢生(デコボコ)を改善します。時には抜歯することもあります。

治療前
治療中 その1
透明の装置で目立ちにくくなっています。
治療中 その2
下顎にも力を加え歯並びを整えます。
治療後
治療前と治療後の比較です。

>> 次のページ