患者様の負担を軽減する無痛治療(笑気吸入鎮静法)  

不快感、痛みのない様にするための無痛治療

歯を削る際に、できるだけ不快感、痛みのない様に無痛治療を行います。基本的には無痛にするためには局所麻酔が必要です。その局所麻酔をする前に、表面麻酔(歯ぐきに軟膏を塗って弱い麻酔をかけること)を行います。歯科治療に対して、不快感、恐怖感のある方には「笑気吸入鎮静法」が行えます。この「笑気吸入鎮静法」方法は低濃度の笑気ガスを吸入していただき、精神的鎮静の効果を得る方法です。障害者歯科治療においても多く用いられています。





笑気麻酔器具


「笑気吸入鎮静法」

笑気麻酔鎮静法は鼻ますくをつけて、笑気を吸入しながら行います。その間はモニタリングしてバイタルサインを監視します。治療が終了したら100%酸素を吸入して覚醒し、そのまま帰宅できます。

※痛みを伴う処置には、局所麻酔が必要です。


バイタルサインをモニタリング。



障害者歯科での無痛治療

障害者歯科で行う歯科治療では、患者様に意識があり、そのため不適応行動や体動が完全に無くならず、安全・確実な治療ができないことがあります。その場合、「全身麻酔法」が適応されます。数日間の入院か、日帰り型の外来方式があり、集中的に歯科治療を行います。

病診連携で専門の医師・歯科医師により、術中は麻酔専門医が全身麻酔を行い全身管理します。術後はそのまま一泊入院して帰宅することも可能です。